HOME > UEL製品・サービス > ポリゴンソリューション > ソリューション

ソリューション

エンジニアリング(3Dプリンタ、スキャナ)  地形・土木・測量
メディカル・デンタル  写真・ホビー
エンジニアリング(CAE、3Dプリンタ、スキャナ、CT)

解析モデルの修正

解析システムにデータをインポートできるように、クリーニング、簡略化、リメッシュを行います。 有限要素メッシュ作成のエラー工数が軽減され計算時間が速くなります。
 

3Dプリント

3Dプリンタの高性能化、低価格化が進み、活用の幅も大きく広がっています。
そこで、今回は、教育やプレゼンテーション、解析結果の認識などでの利用を目的に、AVS/Express上で可視化した結果を3Dプリントしてみました。
 

STL カラー化

STLに色をつけたり、テクスチャを貼りこむことができます。

産業用CTデータの修正

 1億ポリゴンを超えるデータもハンドリング可能
 データ軽量化
 アーチファクト部の修正
 
 ※不要部分の除去

 
 ※凹凸の修正

3Dスキャンデータの修正

・エッジやRをなまらせずにスムージングを行う。
・鏡面のようにスムージングする。
   スムージング機能の詳細はこちら>>

・不要形状を除去したい。
   デフィーチャ機能の詳細はこちら>>

CAM連携

ポリゴンCAMの経路計算に時間が掛かる。削った後の三角形が目立つので改善したい。

計測したデータをスムージング処理や細分割処理した後、加工することで良質な加工結果が得られます。
また、簡略化することで計算時間が速くなります。




地形・土木・測量

地上型レーザスキャナデータ活用

国土交通省が推進する、i-Constructionの重要施策である、レーザスキャナを活用した、社会資本の整備、管理の効率化・高度化の取組を推進しています。
レーザスキャナ利用時におきる下記のような課題を、UELでは設計データ、ポリゴンデータを活用して解決しています。



ドローン、国土地理院データ、GISデータの活用

CIM、i-constructionへの対応、GISでの活用。
設計CADデータの差分計算による土量の計算、景観シミュレーションへの活用、3Dハザードマップ、防災対策・シミュレーション、進捗管理などに活用されています。


・ファイル形式
 STL、OBJ、PLY、VRML
 GeoTIFFから3次元メッシュ作成

・測量機能
 距離測定
 等高線表示
 表面積計算
 体積計算
 差異体積計算 ※β版提供予定

・編集機能
 投影立体作成
 データ軽量化
 不要部分削除・修正
 穴埋め
 切断

 土木工事現場での活用
 ドローンで撮影した複数枚の写真データを Drone2Map for ArcGIS(Esri 社)で処理し
 DSM を GeoTIFF として出力、その後 POLYGONALmeister でポリゴン(TIN)化

 ポリゴン化することで
 ・視認性アップ
 ・土量(差異)計算※
 ・面積計算
 ・断面線表示
 ・2つのデータの差異の距離マップ
 などに活用

 データ提供:ESRIジャパン株式会社様

 カラーテクスチャ対応

選択した領域の表面積や体積を計算
データ提供:ESRIジャパン株式会社様

 GeoTIFFデータから3D地形図を作る。
 ・POLYGONALmeisterをダウンロードしインストール
 ・GeoTIFFデータをダウンロード
 ・POLYGONALmeisterでGeoTIFFデータを開き立体化を
  行なう。
   八丈島、父島、東京、鎌倉のデータはこちら>>

  


ドローンを使って写真測量したデータから、PhotoScanProなどを介し、高精細な3Dポリゴン(TIN)を作成することができます。
 完成した3D 模型
 

 使用したツール
 【1】Drone2Map for ArcGIS(Esri 社)
 【2】ポリゴン編集ソフト:POLYGONALmeister
 【3】カラー3D プリント ミマキ社製 グラフィッククリエーションに依頼

  詳しい事例はこちら>>

・PhotoScanProからGeoTIFFを出力する手順
 1:写真を読み込む (写真を追加またはフォルダを追加)
 2:写真のアラインメント
 3:高密度クラウド構築(またはメッシュ構築でも可)
 4:デジタルエレベーションモデル構築
 5:ファイル >> デジタルエレベーションモデル(DEM)をエクスポート >> TIFF
 


国土地理院 基盤地図情報 数値標高モデル 5m・10mメッシュデータを立体化することができます。 地理院立体地図に比べ高精細なポリゴン(TIN)データが生成可能です。





GISで処理した色つき※のGeoTIFFデータを3Dポリゴン(TIN)化することができます。
※GeoTIFFには多くの方言があるため事前に確認が必要です。
  お問合せはこちら>>
適用例:ハザードマップや、植生地図の3Dポリゴン(TIN)データ作成。

※国土地理院 基盤地図情報をPOLYGONALmeister Geoで3次元化、簡略化した後、
 ハザードマップのテクスチャを貼りつけた例。
 


 凡例 赤:特別警戒区域、黄色:警戒区域 紫:急傾斜地崩壊危険個所



メディカル・デンタル

メディカル

複雑な形状の医療モデルの修正にもPOLYGONALmeisterは力を発揮します。
血管モデル、心臓モデル、歯の品形サンプル
 

デンタル

著しい金属アーチファクトが発現する顎骨3DモデルのSTLデータから下顎骨のみのSTLデータを作成。
 




写真・ホビー

レリーフ機能活用

ペットの写真でレリーフ状の立体ストラップを作りました。


POLYGONALmeisterのレリーフ機能を使って陶板を作ってみました。

   詳細はこちら>>
 

get Abobe Reader

PDFファイルの閲覧・印刷・ダウンロードには、
Adobe Readerが必要です。

POLYGONALmeister

機能・性能

説明動画

ソリューション

ダウンロード

購入・価格・動作環境

よくある質問(FAQ)

メディア掲載

パートナー、主な導入先

AMmeister

CADmeister STL-EDIT

トライアル版ダウンロード

ページのトップへ戻る