HOME > UEL製品・サービス > ポリゴンソリューション > 適用事例

POLYGONALmeister

3Dプリント

3Dプリンターの高性能化、低価格化が進み、活用の幅も大きく広がっています。
そこで、今回は、教育やプレゼンテーション、解析結果の認識などでの利用を目的に、AVS/Express上で可視化した結果を3Dプリントしてみました。
   

測量データへの適用

ドローン、写真測量、中距離レーザで採取した大容量の測量データを読み込み、扱い易いサイズに簡略化し距離計測などを行います。

医療分野

著しい金属アーチファクトが発現する顎骨3DモデルのSTLデータから下顎骨のみのSTLデータを作成。
 

産業用CTデータの修正

不織布の繊維配向や隙間の状態を観察するため、CT装置で撮像したデータを修正し3Dプリントを行った。
 

3Dscaner

・エッジやRをなまらせずにスムージングを行う。
・鏡面のようにスムージングする。
   スムージング機能の詳細はこちら>>

・不要形状を除去したい。
   デフィーチャ機能の詳細はこちら>>

CAM連携

ポリゴンCAMの経路計算に時間が掛かる。削った後の三角形が目立つので改善したい。

計測したデータをスムージング処理や細分割処理した後、加工することで良質な加工結果が得られます。
また、簡略化することで計算時間が速くなります。

解析連携

解析システムにデータをインポートする前に、クリーニングや簡略化を行うことで有限要素メッシュ作成のエラーが軽減され計算時間が速くなります。

レリーフ機能活用

POLYGONALmeisterのレリーフ機能を使って陶板を作ってみました。

   詳細はこちら>>
 

get Abobe Reader

PDFファイルの閲覧・印刷・ダウンロードには、
Adobe Readerが必要です。

トライアル版ダウンロード

ページのトップへ戻る