CADmeister

お客様事例

2015年7月1日公開

リバースエンジニアリングの可能性を求めて

金型玉成で培った技術にリバースエンジニアリングや3D測定の技術をあわせて、工数削減を実現しています。

会社概要
株式会社光佐
http://kousa.co.jp/
所在地
群馬県太田市飯塚町1856
代表者
代表取締役社長 佐口 泰史
設立
1960年11月
事業内容
リバースエンジニアリング、プレス金型メンテナンス(修理)、プレス金型補正、3次元測定
株式会社光佐 社員様

 ユーザー様紹介

*仕上げ経験30年以上の熟練工による難成形部品金型の精度織込み・メンテナンス
*積み上げてきた50年のノウハウと新技術への探究心が新しい時代への扉を開く

株式会社光佐は、群馬県太田市に拠点を置いています。 創業以来、金型メンテナンス・金型補正(玉成・熟成・修正)・金型設計変更・金型改造を専門にしてきたプレス金型業界でも珍しい会社です。 その中で、7年前に金型玉成の工数を減らす目的で3次元測定器「ATOS」を導入し、現在はリバースエンジニアリングと3D測定サービスを新事業の柱に据えて業務を展開しています。
 
 

 CADmeister(CADCEUS)を選択した理由・導入した効果

プレス業界ではCADCEUSが主流でした

CADCEUS導入を決めたのは、北関東エリアのプレス業界ではほとんどの企業がCADCEUSを使用していたから、ということに尽きると思います。それからはずっとCADmeister(CADCEUS)を利用しているので正直他社のCADと比較するということはあまりしていません。
 

PRESS-FORM(プレス見込み変形)のおかげで、金型玉成の工数はかなり削減できました。
見込み変形機能がないともう業務は回りません。それくらい工数削減に寄与しています。
この流れで新機能のPRESS-FORM-EX(モデリング・見込み変形支援)も試行してみましたが、やはりよいですね。CADmeisterは変形に強いと思います。 導入を前向きに検討しようと考えていますよ。
 
CADmeisterはやはり国産CADということでヘルプも日本語ですし、コールセンターの対応も良いと思います。込み入った質問をしても数日中に回答をいただけますし。 それに営業に依頼したことが開発に上がりやすいのではないでしょうか?指摘事項が次のバージョンで修正されていたこともありました。これは海外CADにはない長所だと思うので、我々の声をぜひCADmeisterにどんどん反映させてほしいですね。
 
あとはカスタマイズの自由度が高いです。オプション機能だけではなく、ファイルを操作することで自分のCADにできるのも大きな魅力ですね。

 リバースエンジニアリングにおけるCADmeisterの役割

CADmeister上でリバースに必要な機能が完結していてほしい

測定結果のSTLデータに対して面を張ろうとするとき、CADmeisterだけではうまくいかないことがあります。 ですので他社のCADやリバースエンジニアリングS/Wも使用するのですが、すべての機能がCADmeister上に完結していたら便利ですね。各CADに得手不得手があるのはわかるのですが。
 
今から7年ほど前ですが、当時金型の売り上げが減っていました。他に何か新しいことを始めなくてはいけないと考え、リバースエンジニアリングと3D測定サービスを始めました。
他でも同様のサービスを展開している会社はあるでしょうが、自分たちのように『製造業』をやりながら『リバースエンジニアリング』も行っている会社というのはなかなかないのではないかと思っています。
工作機械・プレス機・クレーンを持っているというのは、最近大物の測定も増えてきていますので、弊社の強みかなとは考えています。この強みを活かして、このサービスを大きく展開していきたいですね。

 UEL・CADmeisterへの要望

リバースエンジニアリングS/Wとの互換性の向上とSTL編集機能の拡充を期待します

まず、IGESやPARASOLIDなどのデータ交換の精度をあげてほしいですね。
リバースエンジニアリングS/WとCADmeister間でデータの受け渡しの際に、フィレットが戻ってしまったりなど苦労することがあります。
IGESデータの容量が少し大きいとも思うのでこちらも改善をお願いしたいです。
 
あとはSTL編集機能の拡充をお願いしたいですね。今のところ、穴埋め・延長・比較しかできないようですが、STLから幾何形状を取り出せるようになると業務はかなり楽になります。さらにSTLの複合面交線のような機能があればよいと思います。切歯の歯断面を3次元で取れるようになると、金型としてはかなり使えますね。リバースで使えるようなSTL編集機能になってほしいと思います。今は「STLをCAD化する」という作業を行っていますが、ゆくゆくはSTLもCADも意識せずに操作ができてCAMまで持っていくことができればいいなと思いますね。ぜひともお願いします!
 
今年は開発の方も客先に出られると聞いていますので、ぜひ光佐にも来てほしいですね。
現場でSTLをどう扱っているのか、どう編集しているのか実業務で見てもらえれば開発のアイデアも出るのではないかと思います。我々もCADmeisterがさらによいCADになるべく協力できるところはさせていただきたいと考えています。

 今後の展望、抱負

金型玉成以外の3Dに特化した会社を目指したいです

金型玉成を中核として、リバースエンジニアリングと3D測定を新事業として取り組んでいくのはもちろんなのですが、さらにいろいろな業界のCADの仕事を受けて行きたいと考えています。
2次元ベースで業務を行っている会社はまだまだ多いと思うので、お手伝いができればと思いますね。

 担当営業より一言

東日本営業所・北関東事務所の金子です。
群馬、栃木、埼玉、新潟を担当させて頂いております。
 
光佐様はCADCEUSの頃からお付き合いをさせて頂いております。
金型玉成の匠の技にリバース・エンジニアリングの新しい技術を取り込む柔軟な姿勢で金型業界では唯一無二の存在だと考えています。
 
金型の事で解らないことがあると、気さくに教えて頂ける佐口会長、佐口社長ともに日頃から感謝しております。
今後、更にお役に立てるように、一生懸命頑張っていきたいと思います。

 編集後記

群馬県太田市はUELの営業所もあるためよく頻繁に訪れますが、実は観光をしたことがありません。
改めて太田市を調べると、新田義貞が活躍した土地なのですね。はたまた「徳川発祥の地」として栄えた土地でもあるようです。
東照宮から縁切寺まであります。まるで知りませんでした。
 

各地のマスコットをお知らせするこの編集後記☆
太田のマスコットキャラクター「おおたん」です♪
 
 
 
 

取材担当  土田

体験版

● 体験版のお申込はこちら
 機能制限なく30日間無料で使用可能

公式サイト

会社案内 | プロダクト | お知らせ | イベント・セミナー | 採用情報 | お問い合わせ