CADmeister

機能(CAM)

3次元CAMシステム(CAM3D)

CADmeisterの「CAM3D」は、ソリッドにこだわらず、サーフェスも含んだ3次元CADモデルを対象とした、曲面加工用データを生成します。 CAD画面上に表示したモデルを、見たまま、パス計算モデルとして使用しますので、モデルの表示切り替えにより、加工ニーズに合わせたパス生成が可能です。 また、工具軸設定により多彩な角度からの曲面加工パス生成も行えます。

動画  CAM工程  機能紹介動画   動画  CAM操作  機能紹介動画
 

 機能概要

等高オフセット加工

加工形状に対して、形状断面をオフセットした等高線の荒取りパスを作成します。

  • エリア線指示、製品形状からの自動算出、立体指示など豊富な指示方法により、素材形状を忠実に定義できます。
  • 凹コーナ部への円弧挿入や負荷の高い部分へのトロコイドパス挿入により、効率的で安全な荒加工が行えます。
  • 等高オフセット加工の加工残り(ストック)を自動認識して、等高線による中引き加工も行えます。

等高オフセット加工
 

等高残加工

加工形状に対して、等高線の仕上げパスを作成します。

  • 指示された判定角度から平坦部を自動検出して、等高線パスと平坦部加工パスを同時に作成することができます。
  • 平坦部の加工方法には「スキャン」と「面沿い」の2タイプを用意しており、加工用途に合わせて選択できます。

等高残加工
 

スキャン加工

加工形状に対して、走査線の仕上げパスを作成します。

  • 断面線指示、スキャン残経路の作成により、仕上がり面が均一なスキャン加工が行えます。
  • 加工範囲の指示方法には、“工具中心”と“工具接触位置”の2タイプがあり、加工用途にあわせて選択できます。

スキャン加工
 

面沿い加工

加工形状に対して、面沿い等ピッチとなる仕上げパスを作成します。

  • エリアの指示方法により、バリエーション豊かな面沿いパスが作成できます。
  • 滑らか乗り移り動作の作成や凹コーナ部の丸め処理など、折れのないパスが作成できます。

面沿い加工
 

隅取り加工

前工程の工具の加工残りを自動判別して稜線沿いに隅取りパスを作成します。

  • 判定角度以上の傾斜面は等高線のパス、緩斜面は面沿いのパスを作成するため、効率の良い隅取り加工が行えます。
  • 加工残りの多い箇所では、切り込み指示により、工具負荷の低減が可能です。

面沿い加工
 

その他の加工法

3DCAMでは、加工形状や加工用途に合わせて、様々な加工法をご提供しています。

  • 等高スパイラル/等高輪郭/稜線/線沿い/線投影/領域投影

 

 お問い合わせ

製品について「詳しく知りたい」「説明しに来てほしい」「デモをしてほしい」など、ご要望に随時お応えいたします。
お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。
 
 ● お問い合わせフォーム
 
 

体験版

● 体験版のお申込はこちら
 機能制限なく30日間無料で使用可能

公式サイト

会社案内 | プロダクト | お知らせ | イベント・セミナー | 採用情報 | お問い合わせ