CADmeister

機能(CAM)

加工属性連携CAM(CAM-ATTRIBUTE)

「加工属性連携CAM」では、2次元/3次元問わず付与された穴あけ用加工属性と幾何情報から、標準化された加工データを自動作成します。
また、3次元に付与されたポケット加工属性から標準化された加工データを自動作成します。
上流工程からのソリッドモデル、図面データや穴情報加工情報ファイル(CSV)等、様々なデータから作成が可能です。「MOLD」と併せて運用すると、より高効率に連携します。

 機能概要

加工属性の付与

  • 2次元/3次元の幾何形状への属性自動設定
  • 加工情報ファイル(CSV)から読み込んだ穴位置やポケット形状情報への加工属性付与
  • CADmeister MOLD(モールド金型設計)にて付与された加工属性の読み込みも可能
穴加工属性の付与
 

加工工程の作成〜パス計算

  • CAM属性情報から加工工程&経路計算を一括処理
  • 処理結果の確認から属性情報の管理・編集を効率よく1ウィンドウで操作
加工工程の作成〜パス計算
 

穴加工の一括NC出力

  • 加工軸方向を意識しなくとも加工工程を方向毎に自動グループ化
  • 状況に応じたソートルールによるユーザー独自の加工順序最適化が可能
一括NC出力
 

穴加工の各種テーブル設定

  • 穴加工データ生成に関わる条件テーブルはGUIを利用した専用ツールにて作成可能
  • 個々のテーブルの組み合わせによる加工ノウハウの標準化を実現
各種テーブル設定
 

 お問い合わせ

製品について「詳しく知りたい」「説明しに来てほしい」「デモをしてほしい」など、ご要望に随時お応えいたします。
お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。
 
 ● お問い合わせフォーム
 
 

体験版

● 体験版のお申込はこちら
 機能制限なく30日間無料で使用可能

公式サイト

会社案内 | プロダクト | お知らせ | イベント・セミナー | 採用情報 | お問い合わせ