日本語 English  CADmeister

機能(プレス金型)

型構造設計支援(PRESS)

プレスモジュールは、プレス金型設計を支援します。 大きく分類すると設計支援機能、モデリング支援機能、後工程支援機能の 3つから構成されます。 後工程支援機能はさらに、ソリッド検証機能、図面作成機能、手配情報関連機能、加工連携機能に分けられます。

設計初期では製品形状から、裏肉面作成、セクダイ作成、スプリング選定、標準部品配置などを専用コマンドで支援します。

設計完了時は部品属性を利用して部品表を自動作成、干渉検査、型構造検証コマンドで検図をサポートします。また、加工特徴を利用して CAM 連携を可能とします。

 機能概要

設計初期のコマンド

裏肉面作成

裏肉面作成コマンド 製品パネル形状から鋳物形状作成のための裏肉面を作成します。
裏肉面作成
 

セクダイ形状作成

動画 スクラップカッター作成 機能紹介動画 >>
 

トリム(抜き)刃先形状、フランジ刃などのセクショナルダイや鋼材カッター用の形状作成が可能です。また、スクラップカッターは専用作成機能で、素早く作成可能です。
セクダイ形状作成
 

鋳抜き穴

直感的な操作で鋳抜きの穴あけを行なうことが可能です。
セクダイ形状作成
 

部品配置・移動

動画 ツリー配置移動複写 機能紹介動画 >>   動画 履歴型配置 部品移動 機能紹介動画 >>
 

標準部品や、部分雛型(ガイド構造部、U溝)等の配置部品の位置を決める時に、試行錯誤を繰り返しますが、部品配置や移動コマンドで、初期検討を支援します。
部品配置・移動
 

モデリング支援機能

動画 フランジリフター作成 機能紹介動画 >>
 

フランジリフター作成 プレス金型特有の形状作成コマンドで構造設計を支援します。

  • フランジリフター
  • 三角リブ
  • 棚形状作成

部品属性

部品名、部品番号、メーカー名など部品表に載せるべき項目に情報付加できます。また、個別の項目をカスタマイズで追加可能です。
部品属性設定
部品属性設定
 

加工特徴・加工限界検査

平面、曲面、穴の加工特徴をつけてCAMへ連携できます。
使用工具を設定し加工限界の検査が可能です。
 

  • 穴加工特徴設定
  • 平面加工特徴設定
  • 曲面加工特徴設定
  • 加工限界検査

穴加工特徴編集
 

ソリッド検証機能

干渉チェック、型構造検証、スクラップ落下検討など金型の検証をサポートします。
 

  • 干渉チェック
  • 型構造検証
  • スクラップ落下検討

部品表

付加した部品属性を活用して部品表を作成します。
 

  • 部品表データ作成
  • 部品表作成
  • 部品表編集
  • 部品表のテキスト出力

図面化

部品属性から風船を作成、加工特徴から仕上げ記号作成など2D図面化も専用コマンドが支援します。
 

 お問い合わせ

製品について「詳しく知りたい」「説明しに来てほしい」「デモをしてほしい」など、ご要望に随時お応えいたします。
お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。
 
  お問い合わせフォーム
 
 

体験版

● 体験版のお申込はこちら
 機能制限なく30日間無料で使用可能

公式サイト

会社案内 | プロダクト | お知らせ | イベント・セミナー | 採用情報 | お問い合わせ