HOME > UEL製品・サービス > ポリゴンソリューション > ソリューション

業務別ソリューション

エンジニアリング

3次元計測データ編集

 光学式メッシュ整形 β
 1クリックで、光学式計測器由来のメッシュを自動的に整形します。

 CTメッシュ整形
 1クリックで、CT由来のメッシュを自動的に整形します。
 

 穴の整形
 

 平面化・円筒面化 β


解析モデルの修正

解析システムにデータをインポートできるように、クリーニング、簡略化、リメッシュを行います。 有限要素メッシュ作成のエラー工数が軽減され計算時間が速くなります。
 

3Dプリント

3Dプリンタの高性能化、低価格化が進み、活用の幅も大きく広がっています。
そこで、今回は、教育やプレゼンテーション、解析結果の認識などでの利用を目的に、AVS/Express上で可視化した結果を3Dプリントしてみました。
 

産業用CTデータの修正

 1億ポリゴンを超えるデータもハンドリング可能
 データ軽量化
 アーチファクト部の修正
 
 ※不要部分の除去

 
 ※凹凸の修正

CAM連携

ポリゴンCAMの経路計算に時間が掛かる。削った後の三角形が目立つので改善したい。

計測したデータをスムージング処理や細分割処理した後、加工することで良質な加工結果が得られます。
また、簡略化することで計算時間が速くなります。

鋳物スキャンデータの簡略化例

加工代を把握するため、鋳物をレーザスキャンしたが、スキャンデータが1.5GBと大きくCAM計算できない。

POLYGONALmeisterで簡略化
・指定精度:0.1mm
・計算時間:約3.5時間
・ファイルサイズ:約1.5GB→45MB(約3%)

工場内のスキャンデータ

複雑な工場内のデータも、POLYGONALmeisterのセグメンテーション機能を使うことによって、効率よく、構造物単位に分離することが可能です。




地形・土木・インフラ

国土交通省が推進する、i-Constructionの重要施策である、レーザスキャナを活用した、社会資本の整備、管理の効率化・高度化の取組を推進しています。
空中測量や、中長距離地上型レーザスキャナで測量したポリゴンデータを入力データとし、3次元測量、進捗管理、出来形管理に活用いただけます。

(1)地形メッシュ化機能


・ファイル形式
 STL、OBJ、PLY、VRML
 GeoTIFFから3次元メッシュ作成

 GeoTIFFデータから3D地形図を作る。
 ・POLYGONALmeisterをダウンロードしインストール
 ・GeoTIFFデータをダウンロード
 ・POLYGONALmeisterでGeoTIFFデータを開き立体化を
  行なう。
   八丈島のデータはこちら>>

  

カンブリア宮殿でも紹介された、山の立体パネル「BumPanel(バンパネル)
のぼやまシリーズNO.60八丈島の製造にPOLYGONALmeisterGeoが使われました。
Amazonでも好評発売中。


国土地理院 基盤地図情報 数値標高モデルの立体化

国土地理院 基盤地図情報 数値標高モデル 5m・10mメッシュデータを立体化することができます。 地理院立体地図に比べ高精細なポリゴン(TIN)データが生成可能です。





出来形マイスターの機能になります。

(2)測量機能

土量・空間体積

 土木工事現場での活用

 ・点群でなくメッシュのため視認性アップ
 ・土量空間体積計算
  設計データは不要です。
  領域を囲むだけ(わずか数秒)で、
  土量や空間体積を計算できます。

 ・面積計算
 ・断面線表示
 ・差異計算(距離マップ・差異立体)

データ提供:ESRIジャパン株式会社様
ドローンで撮影した複数枚の写真データをDrone2Map for ArcGIS(Esri社)で処理し
DSMをGeoTIFFとして出力、その後POLYGONALmeisterでポリゴン(TIN)化したモデル。

 

距離測定・等高線

 

断面線

 

(3)比較機能

ヒートマップ

 

ヒートマップ 2D

国土交通省 ICTの全面活用
・舗装工事編
・空中写真測量編
・地上型レーザスキャナ編
「出来形分布図」、「出来形管理資料の作成」に準拠
 

 

ヒートマップ 3D

 

差異立体

 

計測データ と 計測データ  経年変化/土砂災害
設計データ と 施工前計測データ
 

(4)3Dプリントデータ作成機能

【ドローン写真測量から3Dプリントした事例】
 
  データ提供:ESRIジャパン株式会社様

  作成手順の例

  ・データ量削減
  ・エラー除去
  ・色・テクスチャ処理
  ・端部や穴(欠損部)の処理
  ・投影立体






  使用したツール
  【1】Drone2Map for ArcGIS(Esri 社)
  【2】ポリゴン編集ソフト:POLYGONALmeister
  【3】カラー3D プリント ミマキ社製 グラフィッククリエーションに依頼

   詳しい事例はこちら>>

 ・PhotoScanProからGeoTIFFを出力する手順
  1:写真を読み込む (写真を追加またはフォルダを追加)
  2:写真のアラインメント
  3:高密度クラウド構築(またはメッシュ構築でも可)
  4:デジタルエレベーションモデル構築
  5:ファイル >> デジタルエレベーションモデル(DEM)をエクスポート >> TIFF
  




メディカル・デンタル

メディカル

複雑な形状の医療モデルの修正にもPOLYGONALmeisterは力を発揮します。
血管モデル、心臓モデル、歯の品形サンプル
 

デンタル

口腔内スキャナから出力された歯のデータ編集に有効です。
口腔内スキャナでスキャンできずに穴になってしまった部分を補完、スキャン端部の補正、必要部分の切出し、台座部分作成を行い、ミーリング加工や、3Dプリンタ用のデータが作成できます。
 

著しい金属アーチファクトが発現する顎骨3DモデルのSTLデータから下顎骨のみのSTLデータを作成。
 

人体形状の型制作

レーザスキャンした足を2mmオフセットして集合演算機で引き算。



写真・ホビー

レリーフ機能活用

ペットの写真でレリーフ状の立体ストラップを作りました。


POLYGONALmeisterのレリーフ機能を使って陶板を作ってみました。

   詳細はこちら>>
 

get Abobe Reader

PDFファイルの閲覧・印刷・ダウンロードには、
Adobe Readerが必要です。

POLYGONALmeister

機能・性能

説明動画

ソリューション

ダウンロード

購入・価格・動作環境

よくある質問(FAQ)

パートナー、主な導入先

ポリゴンAPI

出来形マイスター

AMmeister

CADmeister STL-EDIT

トライアル版ダウンロード

ページのトップへ戻る