HOME > UEL製品・サービス > ポリゴンソリューション > 業種別事例(エンジニアリング)

業種別事例

エンジニアリング

3次元検査用途

特徴

・基本的な比較機能をリーズナブルな価格で提供
・検査結果データをcsv、IGESで出力可能
・推定曲面比較
・強力なポリゴン編集機能が利用可能※
 ※EditorPlusの場合
 注)CADデータとの比較は、CADデータをSTLなどポリゴンデータ形式にすることにより
   比較可能です。

機能

距離測定
座標値表示
径の測定
距離分布
厚み検査
断面線表示
位置合わせ
凹凸検査
 ●対象検査形状
 ・平面/円筒面/推定曲面/外部ファイル(設計データなど)
 ●出力
 ・符号付き距離の最大値、最小値、平均値、標準偏差、平面度、円筒面度
 ・カラーマップ
 ・ヒートマップ
 ・点群とメッシュの距離分布
 ・各区間に該当するセルの数の割合(%)
 ・CSV
差異断面線表示
・断面形状の差を強調表示
・差異断面線取り出し IGES

機能

 凹凸検査
表面に微細な凹凸を持つメッシュの凹凸の程度をカラー分布(ヒートマップ、フェイスごとのカラーマップ)表示します。

 腐食検査事例はこちら>>

 差異拡大断面線表示
 機能詳細はこちら>>


csv出力機能:計測基準側の頂点座標と距離。
ply(カラー)データ出力機能:カラーマップを3次元的でply形式で保存する機能。
サンプルcsvはこちら
サンプルplyはこちら。サンプルplyはPOLYGONALmeisterでご覧ください。

データ提供:理化学研究所 計測情報処理研究チーム(2012-2017)

事例

金属板を3次元計測した後、平面との差異をカラーマップで表現した例


2つのデータの差異をカラーマップで表現します。
・腐食検査の活用事例はこちら


データ修正用途

特徴

メッシュ整形機能:ノウハウや手間は不要。1クリックで計測データを最適化。

 光学式メッシュ整形
 1クリックで、光学式計測器由来のメッシュを自動的に整形します。


 CTメッシュ整形
 1クリックで、CT由来のメッシュを自動的に整形します。
 
 

 解析モデル作成
「X線CT計測から出力されたSTLを用いて、構造解析までの時間短縮を図る取組」
 型技術者会議2020(感染予防により中止)及び型技術2020年7月号発表資料より



機能

 穴の整形
 

 平面化・円筒面化


 稜線化


 セグメンテーション
簡単な操作で部位を色分けしていけます。
色分けされた部位ごとに編集操作が可能です。



 必要部位の切出し
解析のためアームを切り出す手順


@セグメンテーションコマンドを実行すれば、適当な色数に分けてくれます。
Aフェイス削除コマンドで、不必要な部位の色を複数ピックしてして実行。


事例

 解析モデルの修正

解析システムにデータをインポートできるように、クリーニング、簡略化、リメッシュを行います。 有限要素メッシュ作成のエラー工数が軽減され計算時間が速くなります。
 


 3Dプリント

3Dプリンタの高性能化、低価格化が進み、活用の幅も大きく広がっています。
そこで、今回は、教育やプレゼンテーション、解析結果の認識などでの利用を目的に、AVS/Express上で可視化した結果を3Dプリントしてみました。
 


 産業用CTデータの修正
・1億ポリゴンを超えるデータもハンドリング可能
・データ軽量化
・アーチファクト部の修正
 
 ※不要部分の除去

 CAM連携

ポリゴンCAMの経路計算に時間が掛かる。削った後の三角形が目立つので改善したい。

計測したデータをスムージング処理や細分割処理した後、加工することで良質な加工結果が得られます。
また、簡略化することで計算時間が速くなります。


 鋳物スキャンデータの簡略化例
加工代を把握するため、鋳物をレーザスキャンしたが、スキャンデータが1.5GBと大きくCAM計算できない。

POLYGONALmeisterで簡略化
・指定精度:0.1mm
・計算時間:約3.5時間
・ファイルサイズ:約1.5GB→45MB(約3%)


 工場内のスキャンデータ
複雑な工場内のデータも、POLYGONALmeisterのセグメンテーション機能を使うことによって、効率よく、構造物単位に分離することが可能です。


リバース用途

計測ポリゴンデータを
最短1クリックでCADデータへ

機能概要

 

変換事例

 

CAD化の手順

Step1:ポリゴン修正(前処理)
計測データにエラーなどがある場合は修正を行います。省略も可能ですが、前処理を行うことにより、CAD面の品質が良くなり、計算時間も短縮されます。

 1クリック編集


 手動処理の例


Step2:CAD化
パラメタを選択し実行ボタンを押すだけで、IGES形式で出力されます。

 

get Abobe Reader

PDFファイルの閲覧・印刷・ダウンロードには、
Adobe Readerが必要です。

トライアル版ダウンロード

ページのトップへ戻る