HOME > UEL製品・サービス > ポリゴンソリューション > 業種別事例(ヒューマン)

業種別事例

ヒューマン

POLYGONALmeisterを用いて、編集、3Dプリントされたポリゴンモデルは
・医学教育の一環として、医療関係者がメディカルトレーニングを行う教材
・患者へ治療方法等を説明するための3Dモデル
として用いられています。

大阪大学歯学部との共同研究
AIによる頭蓋骨、下顎部のランドマーク自動認識


「AIを用いた3次元計測データの部位認識」技術に興味のある方はお問い合わせください。
 お問い合わせはこちらから

 

人体モデルの修正

複雑な人体モデルの修正にもPOLYGONALmeisterは力を発揮します。
血管モデル、心臓モデル、歯の品形サンプル
 

下顎部の切出し事例

 

腎臓と血管の切出し事例

骨やノイズを取り除き腎臓とつながる血管を切り出し
・利用モジュール POLYGONALmeister EditorPlus
・所要時間 約3分
動画再生
※画像をクリックすると動画が再生されます。

内耳圧測定モデルから解析/3Dプリントモデルを制作


CT撮影したモデルから3Dメッシュを作成しPOLYGONALmeisterで乳突蜂巣を
一括検出(上記画像)、検出部位を一括除し、乳突洞を空間にしたモデルを作成しました。

データ提供:東北大学 耳鼻咽喉・頭頸部外科 山内大輔 様

口腔内スキャナ

口腔内スキャナから出力された歯のデータ編集に有効です。
口腔内スキャナでスキャンできずに穴になってしまった部分を補完、スキャン端部の補正、必要部分の切出し、台座部分作成を行い、ミーリング加工や、3Dプリンタ用のデータが作成できます。

 

著しい金属アーチファクトが発現する顎骨3DモデルのSTLデータから下顎骨のみのSTLデータを作成。

【POLYGONALmeisterの利用事例】
東京歯科大学 口腔外科 神尾 崇 先生
 Autotransplantation of Impacted Third Molar Using 3D Printing Technology:A Case Report






データ提供:東京歯科大学 口腔外科 神尾 崇 様

3D球で選択し削除

その後、穴埋めします。

 第71回 NPO法人日本口腔科学会学術集会発表資料
 歯科口腔外科領域におけるPOLYGONALmeisterを用いた3Dプリンタ活用事例

 環状稜線化:エッジ化したい稜線を環状に選択し1クリック

データ提供:株式会社医科歯科技研

 CTデータと口腔内スキャナデータの合成
CTで撮影した粗い頭蓋骨データに、口腔内スキャナで撮った精緻なデータを埋め込み。
※フェイス削除、位置合わせ、移植、穴埋めなど複数のコマンドを利用することで可能です。

人体形状の型制作

レーザスキャンした足を2mmオフセットして集合演算機で引き算。

3次元採寸

スキャナで3次元計測したデータに対し各種寸法を計測するプログラム開発を行います。
・形状特徴を利用した計測
AIによる自動計測
 

get Abobe Reader

PDFファイルの閲覧・印刷・ダウンロードには、
Adobe Readerが必要です。

トライアル版ダウンロード

ページのトップへ戻る