HOME > UEL製品・サービス > ポリゴンソリューション

3次元計測データ活用ソフトウェア
日本ユニシス・エクセリューションズは、3次元ポリゴンデータの編処理技術においてのリーディングカンパニーです。 近年、3Dプリンタ、3Dスキャナ、CT装置、ドローンによる写真測量など入出力デバイスの進化により、3次元計測データを活用したお客様の業務改善活動が進みつつあります。
日本ユニシス・エクセリューションズは、国立研究開発法人理化学研究所の融合的連携研究を通じて蓄積した、3次元計測機から出力されたポリゴンデータの編集技術を、ソフトウェアパッケージ(POLYGONALmeister)の提供、APIの提供、受託開発など様々な形でお客様の業務改善活動を支援致しています。

お知らせ


ポリゴンデータの修正・編集に力を発揮します。

3次元計測機、3次元スキャナ、3次元プリンタと合わせてご導入ください。
データ処理工数を大幅に低減できます。
特徴・機能
 メッシュ整形機能:ノウハウや手間は不要。1クリックで計測データを最適化。
用途
 ・3次元検査用途
 ・データ修正用途
  -リバースの前処理
  -解析モデル作成
  -3Dプリントモデル作成

  数千万〜1億超のポリゴンデータも操作できます。
  取引先から頂いたSTLデータが自社のCADやCAEソフトで開けない問題が、
  POLYGONALmeisterでデータ量を減らしクリーニングしたところ開けるように
  なりました。(お客様より)
  解析利用のため5時間掛かっていたSTLの修正作業が30分で済みました。(お客様より)
  カラー、テクスチャ付きのデータ編集がとても簡単にできます。
 

API形式でも提供可能です

POLYGONALmeisterの各コマンドをAPIとして提供いたします。
アプリケーションのビルド用に.libファイル、実行用に.dllファイルをご提供します。
 プラットフォーム:Windowsを前提とします。Linuxについてはご相談ください。
 開発環境:Microsoft Visual C++ バージョンについてはお問合せください。
 簡略化APIサンプル
 

専用システムの開発

例  i-Construction対応 トンネル検査システム 出来形マイスター
   3Dプリンタ、3Dスキャナに付属するデータ編集ソフト
   CTやMRIから出力されたポリゴンデータを編集・検査するソフト
   ドローンや地上型レーザスキャナから出力されたポリゴンデータの編集・測量ソフト

POLYGONALmeisterが使われている事業領域と用途

エンジニアリング
・CAE(インポートできるように修正。例:Netgen、TetGenに取り込む際の
 ジオメトリーエラーを修正可能。)
・3Dプリンタ(造形できるように修正)
・3Dスキャナ(アウトプットデータの修正)
・鋳物スキャンデータの簡略化例
・CT(アウトプットデータの修正)
・工場内のスキャンデータ(ラインや設備のメッシュデータの編集)
地形・土木・測量
・CIM、i-Constructionでの測定データの活用。
・GISで作成された地形データ(GeoTIFF)を立体化。
・GeoTIFFデータからポリゴンデータの作成。
・ドローンや地上型スキャナから得たトンネル、道路などの3Dポリゴンデータを施工、
 進捗管理、検査などで活用。
メディカル・デンタル
・CT、MRI、口腔内スキャナなどで得られたSTLなどのポリゴンデータの修正・編集。
・人体形状の型制作
写真・ホビー
・写真からポリゴンデータの作成。
・CGソフトで作られたポリゴンデータを3Dプリンタで出力できるよう編集。

get Abobe Reader

PDFファイルの閲覧・印刷・ダウンロードには、
Adobe Readerが必要です。

POLYGONALmeister

機能・性能

説明動画

業種別事例

ダウンロード

購入・価格・動作環境

よくある質問(FAQ)

パートナー、主な導入先

ポリゴンAPI

出来形マイスター

AMmeister

CADmeister STL-EDIT

トライアル版ダウンロード

ページのトップへ戻る