HOME > UEL製品・サービス > ポリゴンソリューション > 業種別事例(地形・土木・インフラ)

業種別事例

地形・土木・インフラ

地形・土木用途

特徴

 大規模な地形データに対応
GPUを使わないので、事務用PCでも大規模なSTLやOBJなどのポリゴンメッシュの形式で扱えます。

 ドローンデータに対応
ドローンで撮影した複数枚の写真データを各ソフトで処理し
出力されたGeoTIFFに対してメッシュ化。または、OBJ出力されたもの。
 Agisoft社Metashape(旧PhotoScan)
 Drone2Map for ArcGIS

機能


(1)地形メッシュ化機能

 活用が可能
メッシュ化したデータを元に、距離、表面積、体積、ヒートマップなどの測量へ利用できる他、3Dプリンタモデルを製作することが可能です。

 公開データに対応(メッシュ整形機能 動作確認済み)
国土地理院 基盤地図情報 5m/10mメッシュ
 UTM座標系
 平面直角座標系
 ※XMLをGeoTIFFに変換
 

兵庫県_全域数値地形図_ポータル 1mメッシュ ※
 TIF形式
 点群形式
 ※Ver6β版にて提供
 

 ・PhotoScanProからGeoTIFFを出力する手順
  1:写真を読み込む (写真を追加またはフォルダを追加)
  2:写真のアラインメント
  3:高密度クラウド構築(またはメッシュ構築でも可)
  4:デジタルエレベーションモデル構築
  5:ファイル >> デジタルエレベーションモデル(DEM)をエクスポート >> TIFF
  

(2)測量機能

 土量・空間体積

土木工事現場での活用

 ・点群でなくメッシュのため視認性アップ
 ・土量空間体積計算
  設計データは不要です。
  領域を囲むだけ(わずか数秒)で、
  土量や空間体積を計算できます。

 ・面積計算
 ・断面線表示
 ・差異計算(距離マップ・差異立体)

データ提供:ESRIジャパン株式会社様
ドローンで撮影した複数枚の写真データをDrone2Map for ArcGIS(Esri社)で処理し
DSMをGeoTIFFとして出力、その後POLYGONALmeisterでポリゴン(TIN)化したモデル。

 

 距離測定・等高線

 

 断面線

 

(3)比較機能

 ヒートマップ 2D

国土交通省 ICTの全面活用
・舗装工事編
・空中写真測量編
・地上型レーザスキャナ編
「出来形分布図」、「出来形管理資料の作成」に準拠
 

 ヒートマップ 3D

 

 差異立体

 
 

(4)3Dプリントデータ作成機能

【ドローン写真測量から3Dプリントした事例】
 
  データ提供:ESRIジャパン株式会社様

  作成手順の例

  ・データ量削減
  ・エラー除去
  ・色・テクスチャ処理
  ・端部や穴(欠損部)の処理
  ・投影立体






  使用したツール
  【1】Drone2Map for ArcGIS(Esri 社)
  【2】ポリゴン編集ソフト:POLYGONALmeister
  【3】カラー3D プリント ミマキ社製 グラフィッククリエーションに依頼

   詳しい事例はこちら>>

事例

カンブリア宮殿でも紹介された、山の立体パネル「BumPanel(バンパネル)
のぼやまシリーズNO.60八丈島の製造にPOLYGONALmeisterGeoが使われました。
Amazonでも好評発売中。


POLYGONALmeisterGeoを用いて作ったデータを3Dプリントしました。

造形協力:丸紅情報システムズ
造形機種:Stratasys J750

 国土地理院 基盤地図情報 数値標高モデルの立体化
国土地理院 基盤地図情報 数値標高モデル 5m・10mメッシュデータを立体化することができます。 地理院立体地図に比べ高精細なポリゴン(TIN)データが生成可能です。




 ドローンやレーザ計測機から得られた点群から格子状の3次元メッシュを作成。

インフラ用途

特徴

3次元計測した現状の形状と経年データ、設計データの差異を比較することができ、
 経年劣化
 腐食/孔食
の状況を数値的に把握し、計画的なメンテナンスが可能になります。

施工時に生じたたわみなどの問題で設計データとの比較が難しい場合に、内部的に推定面を作成し比較することが可能です。
※比較的曲率が大きな、平面やなだらかなに変化する面が対象となります。

差異の結果は、カラーマップ、ヒートマップ、csvの形式で出力でき、お客様内部で評価/分析が可能です。

トンネルについては、国土交通省のガイドライン「レーザースキャナーを用いた出来形管理の試行要領(案)(トンネル編)」に沿った、専用システム「出来形マイスター」を提供


国土交通省が推進する、i-Constructionの重要施策である、レーザスキャナを活用した、社会資本の整備、管理の効率化・高度化の取組を推進しています。
空中測量や、中長距離地上型レーザスキャナで測量したポリゴンデータを入力データとし、3次元測量、進捗管理、出来形管理に活用いただけます。

機能

距離測定
座標値表示
径の測定
距離分布
厚み検査
断面線表示
位置合わせ
凹凸ヒートマップ※
 ●対象検査形状
 ・平面/円筒面/推定曲面/外部ファイル(設計データなど)
 ●出力
 ・符号付き距離の最大値、最小値、平均値、標準偏差、平面度、円筒面度
 ・カラーマップ
 ・ヒートマップ
 ・点群とメッシュの距離分布※
 ・各区間に該当するセルの数の割合(%)
 ・CSV
差異断面線表示※
・断面形状の差を強調表示
・差異断面線取り出し  IGES
※はVer6機能予定

事例

 インフラ検査事例
利用目的
 ■目視検査(腐食減肉)の定量化
  ・インフラ点検
  ・生産プラント点検
 ■設備の余寿命評価
  ・規格に基づいた余寿命評価

効果
 ・定量化により、属人的誤差の解消
 ・定点観測による経年劣化の定量化
 ・設備保全サイクル・費用の最適化

 鉄橋(ウェブ部)の腐食解析:(事例提供:株式会社セイコーウェーブ様
 

設計データのない形状※に対して減肉量を推定。
※滑らかな形状の場合
※データ提供セイコーウェーブ様

長年風雨にさらされたプラント設備の一部。腐食が進み、鉄板が薄くなった箇所あり。減肉量を測るにもCADデータなし。
凹凸検査では、元面を推定し腐食部位と量をカラーマップとcsvで出力できます。


 トンネルの出来形検査:(事例提供:佐藤工業株式会社様)

出来形マイスターの機能になります。

 

get Abobe Reader

PDFファイルの閲覧・印刷・ダウンロードには、
Adobe Readerが必要です。

トライアル版ダウンロード

ページのトップへ戻る