HOME > UEL製品・サービス > ポリゴンソリューション > 説明動画

動画一覧

活用例

  スキャンデータの編集スキャンデータの編集   エッジロス部の回復エッジロス部の回復   3次元検査3次元検査  
  スキャンデータの編集を一連の流れで確認いただけます。 (クリーニング、穴埋め、穴の整形、デフィーチャ、簡略化、リメッシュ)   データ提供:医科歯科技研   カラーマップ
Csv出力
 
 
  出来形ヒートマップ出来形ヒートマップ          
  地形の差異を2次元3次元のヒートマップで表現できます。          

機能紹介

  光学式メッシュ整形12optical_mesh_shaping   セグメンテーション13segmentation   平面化円筒面化14flattening_cylindrical_surface  
  1クリック整形
レーザスキャナなど光学式の3次元スキャナ由来の計測データが対象
  1クリックで領域分けした後、境界を簡単な操作で修正可能。   指定した領域を平面化、または円筒面化します。  
 
  クリーニング機能01_cleaning   細分割機能07_subdivision"   簡略化機能05_simplification2  
  面の裏返りや、微小な隙間など、3Dプリンターで出力する際にメッシュの問題箇所を、初心者でも簡単に修正することができます。   周辺のポリゴンとの位置関係から、各ポリゴンの三角形内部のふくらみを推定し、ふくらみを考慮した細かなポリゴンに分割する機能です。   ポリゴンのデータサイズを削減するために、ポリゴンメッシュの形をできるだけ変えないようにして、ポリゴン数を減らす機能です。  
 
  スムージング機能02_smoosing   穴埋め機能06_repair_hole   リメッシュ機能04_remesh  
  3次元計測装置から得られるポリゴンメッシュのノイズなどのざらついたところを滑らかにする機能です。   穴埋めしたい箇所を個別に指示で穴埋めができる機能です。   後工程で利用しやすいように、正三角形に近いメッシュを再作成する機能です。  
 

リバース事例

リバース事例動画はこちら>>

POLYGONALmeister

機能・性能

リバース機能

説明動画

業種別事例

ダウンロード

購入・価格・動作環境

よくある質問(FAQ)

パートナー、主な導入先

ポリゴンAPI

出来形マイスター

AMmeister

CADmeister STL-EDIT

トライアル版ダウンロード

ページのトップへ戻る