CADmeister

機能(CAM)

鋳物型構造部用CAMシステム(CAM-STRUCTURE)

プレス加工特徴から加工部位(領域)の自動創成を行い、ナレッジデータベースにより標準化された 金型構造部の一次加工用加工パスを自動作成します。
また、加工順最適化機能により、NC出力順を指定ルール(加工順・工具交換)で並び替えすることが でき、工具寿命による分割も可能です。

 機能概要

加工特徴から加工部位の自動創成を行い、安全で高効率な加工パスを自動作成することで、 金型構造部加工の標準化・自動化・最適化を実現します。

機能概要
 

加工特徴変換

外部ファイルで指定されたシェーディング色(RGB値)に一括で加工特徴を付加することができます。
加工特徴変換
 

加工部位の作成

加工対象となる領域の範囲、工程組み決定キーワード、取代量などの情報を「加工部位」として設定できます。
加工部位の作成
 

自動加工設計による加工パスの作成

ナレッジデータベースを参照し、最適な加工手順・工具・加工条件などが自動決定されます。
経路計算時には周囲の形状を参照し、干渉のない加工パスを作成できます。
自動加工設計による加工パスの作成
 

 お問い合わせ

製品について「詳しく知りたい」「説明しに来てほしい」「デモをしてほしい」など、ご要望に随時お応えいたします。
お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。
 
 ● お問い合わせフォーム
 
 

体験版

● 体験版のお申込はこちら
 機能制限なく30日間無料で使用可能

公式サイト

会社案内 | プロダクト | お知らせ | イベント・セミナー | 採用情報 | お問い合わせ